女性

美容整形外科で理想の自分をGET【施術で気軽に大変身】

メスを使わない美容効果

顔の手入れ

美容成分の幅広い活躍

美しさを提供してくれる美容外科は、その技術だけでなく、美容に大きな効果をもたらす成分を使っています。その中でも代表的な成分がヒアルロン酸で、これが幅広い美容面で活躍してくれるのです。美容外科で行われているヒアルロン酸を使った例として、アンチエイジングがあります。老化でできてしまうシワやたるみを、ヒアルロン酸の注入でふっくら肌に仕上げるので気になる部分が目立ちません。また、ニキビ跡や傷跡によってできた肌の凹凸も、このヒアルロン酸で表面的な肌にしていくことができるのです。そして、ヒアルロン酸は形を変えていくことも可能で、美容外科の鼻整形では鼻先を高くしていく方法に用いられます。鼻先にヒアルロン酸を注入するとその部分が自然と盛り上がるので高くなるのです。このような方法から、ヒアルロン酸は美容外科にとって欠かせないメスのいらない美容効果を発揮してくれます。

本来の力を補い役立てる

ヒアルロン酸は本来、人の体に含まれる成分で、ねばねばしたジェル状のような物質です。肌にあることはもちろんのこと、全身の皮膚や関節部分にも存在し、皮膚の弾力や滑らかな動きをもたらしてくれます。水分の保水力にも優れていて、人の体がほとんど水分でできているように、ヒアルロン酸も人が一生の間でなくてはならない成分となります。けれども、生まれ持った成分でありながら、年齢とともに減少してしまう欠点があります。これが減少することで、いわゆるたるみやシワが目立ってくるようになるので、美容外科ではこれを補うことで肌の若返りをはかっています。肌がふっくらとしてくる特徴から、凸凹肌や形を整えていくことにも使われるようになってきました。しかし、このヒアルロン酸はいっときすると体内に吸収されてしまう性質があります。そのため、繰り返し受けていくことでその状態を維持していけるので、定期的な注入が必要となってきます。